読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンビニ人間 感想

こんばんは。田中です。

 

僕は今まで本に触れることを全くしてきませんでした。

 

体動かすことが好きで逆にじっとしてることが嫌いなので読書なんて拷問でしかありませんでした。

 

 

最近になりあれおれ文章力ねーな。

語彙力ねーな。と思い始めて

 

上げるために少しずつだけど本を読むことを始めました。

 

今日読んだ本はコンビニ人間

 

第155回芥川賞に選ばれた作品みたいですね。

 

。。。まあー読書してこなかったからこれがどんなすごい事かわかりませんが。

 

村田沙耶香さんの作品は以前

殺人出産ってやつ読みましたねー

 

題名からしておもろいんだろーなーと安易な気持ちで読んだら。。

 

気持ちはダークサイドに引き込まれましたね。

 

子供10人産んだら一人殺してもいい。

 

こんな制度ありえねーだろ!!!!!

 

 

 

とは言いきれない気持ちになりましたね。

 

どこか理にかなってる感じ。

 

殺人出産でお気に入りのセリフはこちら。

特定の正義に洗脳されることは、狂気ですよ

 

狂ってる世界観が当たり前とされるこのお話でこのセリフは染みました。。

 

僕らの日常でもあるんじゃないでしょうか。こーゆーこと。

 

殺人出産はトリプル、清潔な結婚、余命とありましたがどれも生理的嫌悪感を感じずにはいられない内容でした

 

女性が描く性はどーしてこうもドロドロしてるのでしょう

 

男はおちんちん!

おっぱい!!!

って感じで可愛いのにね。

 

さてさて、話は戻りましてコンビニ人間の感想ですが。。。

 

むっちゃ面白い笑笑(語彙力なくてすいませんそのうちつけます)

 

内容としては年老いたコンビニアルバイトがコンビニを辞めるものの、またコンビニをやり始めるってゆーうっすいもの。

 

けどこの女性。。

普通じゃない。

サイコパス。。

 

この本を読んでいくと普通ってなんだろうって思う。

 

普通って社会にゴマするいい子ちゃんでいることが普通であるとおもう。

 

普通ができない人間は排除され社会というムラから追い出される。

 

 

けど普通の人間はどこか気持ち悪い。

 

普通じゃない人間を嘲笑い、

普通になれるようアドバイスし、

こちら側の人間が正しいって言い張る

 

普通になれない人間にとってなんて生きにくいんだ

 

そー思いました。

 

普通ってなんだろう。と考えさせられる小説でした。

 

村田沙耶香さんが気になってきたのでつぎは消滅世界でも読んでみましょうかね。

 

とりあえず眠いのでおやすみなさい。

ADHDとの戦い

こんにちは。

入院中の田中です。

 

入院飽きたなー。。

そろそろ退院して体に悪いもんくいたいっす。

 

入院している間はほとんどゴロゴロしているのですが、いつも焦りとやりたくない気持ちが戦ってます。

 

いやいや、やればいいじゃん。

一般的にみたらそうだろう。

 

1年ほど前に僕はADHDと診断された。

忘れ物が多すぎる。

家と学校を忘れ物で何往復もする。

人の話を聞けない。

じっとできない。

やろうと思うと机が離れていく。

こんな自分が嫌で歳とってく度どんどん塞ぎ込む。。

 

こんな自分を変えたくて

 

DaiGoさん著書の超集中力という本を読んだ。

そこでは集中のノウハウが詰まっていて、早速実践してみると

 

 

あれ?

おれできんじゃん

 

あんなに机に向かうまで苦労してたのが嘘のよう。

 

スイスイ集中できる。

 

人間変わったみたいに集中力がついた。

努力の仕方次第で人は変われることを実感した。

 

 

忘れ物や遅刻は相変わらずだけど。

 

ADHDの薬も効かない。

集中力がないってひとにはおすすめっす。

 

ADHDの僕にとって注意を散漫にするキッカケなんてたくさんある。

 

勉強しようと机に向かったら

 

片付いていない洗濯物が

 

片付けなきゃ。。。

 

あれ?もう夕方?なんてこともある。

 

面接とかでも

 

姿勢よくしようって考えてたら

そればかりきになって人の話を聞いていない

 

ADHDにとって日本は生きにくい世の中だと思う。

 

両親にはこの事はいっていない。

 

小さい頃からなんでそれができないの?

なんで忘れ物するの?

なんで人の話聞けないの?ってよく怒られた。

 

涙がでてくる。

 

一番わからないの自分だもん。

世間からみたら甘えかもしれない。

 

でもホントにつらくて悩んでる人たちもいる。

 

まぁーだからといってそれに甘えるのもまた違うと思うけどね。

 

だから

 

できなかったら努力の仕方をアプローチを変えよう。

 

もし子供ができて

 

子供もADHDであったら

 

僕はその子の個性をのばしてあげよう

 

僕のイメージ

 

ADHDって星のカービィエアライドのフォーミュラースターみたいなかんじ

 

障害がなければすごいスピードで進んでく。

 

僕の個性はわりかし小さい頃からの押さえつけで

なくなってしまったけれど

 

そのぶん自分の子供にはのびのびさせてあげよう

入院と就職活動

 こんにちは。

 僕は現在就職活動真っ只中です。

  

どの企業に入るのか

どの業界が向いているのか

そもそも果たして今就職なのか

模索しながらがんばってます^^

 

 しかし、現在脳脊髄炎という病気にかかってしまい、2週間入院することになりました。。。

 

痛い。。

この時期に入院は痛い。。。

 

さらに入院で就活のモチベーションが激減。。

 

やりたいことも

 

入りたい会社も

 

分からなくなった

 

結局入院中何もせずダラダラ。。

焦る気持ちとは裏腹にヤル気はドンドン下がってくる。。

 

もー親父のコネでいいかなー。

そう思ってきた。

 

けど今日までの人生振り返ったときに

 

あー。おれって自分で成し遂げたことってないなーって思った。

 

小学校のバスケは公式戦ゼロ勝

中学校受験は失敗

高校は学校のコネで大学合格

おれって人の助け無かったらただのゴミだなー。

このまま就職まで人に任せる。

そんな人生どーよ!?

って思った。

 

少しだけがんばってみよう。

いつも辛いことから逃げてきた。

結果が怖かった。

もし全力でがんばって失敗したら俺の実力の底がわかっちゃう。

どこかでおれは人と違うトクベツな奴だと思いたかった。

だから逃げて逃げてやればできるけどやらないスタンスを貫いた。

 

戦う時はいまなんじゃないかな

まわりには子供持ってる人もいて

みんな自立してて

僕だけ自分の足でたってない

未だに親のスネをガジガジしてる

 

とりあえず立ってみよう

ゆっくりでいいから

 

最初は立てなくてもいいから

 

この就職活動を逆に利用してやろう

自分のステップアップに

 

不安なことなんてない

僕には家族がいる

友人がいる

 

目を閉じればすぐ側にいる

無限大の愛がある

独りじゃない

 

東京に上京して独りを感じることが増えた

 

薄っぺらな友情

助けてくれる仲間がいない

無償の愛なんてない

 

でもそれは人のせいじゃない

 

僕がこころをひらいてないから

自分からひらかなきゃ相手だってひらかない

 

退院したら

 

会った人に感謝を伝えよう

 

ありがとう

僕といてくれて

僕を認めてくれて

 

 

 

初めてのブログ

 初めまして^^

 僕は都内の大学に住む21歳です^^


 このブログは別に誰に見せるわけでもなく、ただ思ったこと、趣味をダラダラと書いていくだけの日記のようなものです。

 面白いことなんて書く気はサラサラありません。

 ブログをやってみようと思ったのは忘れやすいのでどんなことが起きたかの確認と、文章力を鍛えようと思ったからです。

 拙い文章だけどよろしくお願いしますっ!